BUHI事

IMG_1375.jpg

明らかに邪魔でしょう、のチョビちゃん。


最近はフレンチブルドックのことをブヒと呼ぶ風潮があるんだけど、
私はそれがあまりすきではない。
だってブタじゃないし犬だし(ブタ自体は飼いたいくらい好きだけど)、
第一フガフガいうことはあってもブヒブヒ言わないし。とか思う。

まあ、人様が使っている分には何ともおもわないのだけど
フレンチブルドック専門の全国誌があって、
その雑誌内でもうフレンチの呼び名がブヒになってる。
この雑誌がその呼び名を広めたようなもんだ。
まー雑誌名もBUHIだしね・・・
ブタの雑誌でBUHIならとってもかわいいんだけど。

そんな雑誌BUHIを本屋で立ち読みしてきました(読むのは読むのだ)。
そこにかなり気になる記事があった。

13才になるフレンチが、もうほぼ寝たきりの状態になってて
飼い主さんは仕事で海外を飛び回っているので
病院でずっと入院生活をしているというもの。
立ち読みだったので細かいところまでは読んでないので、
なぜ飼い主が海外を飛び回っているのに犬を飼っているのかは
よくわからないんだけど(記述があったのかも不明だけど)。
でもほぼ、老人ホームみたいな生活だよね。
ご主人さまもいずに、寂しく入院生活かわいそう・・・。
外には連れて行ってもらえてるのかな・・・。

この記事の冒頭には、フレンチは短命なので10才以上のコには
なかなかお目にかかれない。と書かれていた。
10才以上のコはなかなかいなくて、13才まで生きても寝たきり・・・
チョビはもう8才。
ほかの犬にくらべて短命らしいというのは分かってたし
だんだん高齢になってきたので覚悟はしてたつもりだけど、
でも具体的に活字にされてるのをみるともう、がまんならんくて
本屋で立ち読みしながら涙がぼろぼろぼろ・・・・
ていうか涙で前がもうみえません。あほかわたしは。
これはやばい、しっかり読んじゃいけない!

とおもって泣きながら次のページへ。
次は毎回掲載されてる、フレンチを飼っている漫画家さんの
実生活のマンガ。
さすが飼っているだけあって、抜群にリアリティある絵&話が毎回すき。
前の記事をひきずりつつ泣きながら見た今回の内容が・・・・


・うちのフレンチは13才。ばりばり元気
・家にいなくて、さがしまくったら隣の家の家庭菜園の野菜を食い散らかしてた
・しかも脱走後、自力で帰宅して何食わぬ顔をしていることも・・・
・隣の奥さんが追い返そうとしても、食い散らかしながら無言でにらんでくる
・奥さん怖くて追い返せず;;
・菓子折りもって平謝りしにいきましたとさ。


( Д ) ゜ ゜ ポーン

BUHIさんこっち!!こっちの漫画のコ特集してえぇえ!!
元気の秘訣取材してぇぇぇ!!!
(探究心をなくさないことかしら・・・)
Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
Link
admin