床に着手

今週末も改装。荷物を入れられる状態にするまで休みなしです。
先週にひきつづき、お友達のゆにこさんがお手伝いにきてくれました!

まずはペンキ塗りから。
白くぬった壁に一面ピンクをいれていきます。
マスキングを注意しながら張り、ひたすらニチニチと塗っていく。


DSC_0362.jpg

DSC_0365.jpg

あとここだけ!っていう最後の塗り残しの形が
ウサギのようになってました。
目クチをいれたら、なんとはかなげなウサギさんが・・・。

DSC_0372.jpg

物悲しすぎるww
すぐ塗りつぶしましたけどw

壁を塗った後は床板張りです。
まず土台の木を一面に打ち付けます。

DSC_0382.jpg

だいたい30センチ幅くらいに。
なんどこの木につまづいたことか。転ばなくてヨカッタ。

DSC_0386.jpg
DSC_0387.jpg

これが疲れる。立ったり座ったりって腰にすごいクルね。

そしたら、その上にひたすら板をクギで打っていきます。
文章にするとたったそれだけのことがどれだけ大変だったことか。
木を選び、幅を計算し、それに見合った土台の位置・・・
計算したはずなのに長さが長くて入らなかったり。
入らなかったものは一本づつカンナで削ってサイズを合わせます。
ドリルも初めて使う場合はちょっと怖いし。
板も一枚一枚がそれぞれちがった反り方をしているので、
クギを打つのもかなりの力技を要します。

DSC_0379.jpg

反りがあるものは、こんなかんじに無理矢理合わせてる間に
素早くクギを打ちます。
ね〜、大変!大変だったけど写真みると笑えます!!

今回はカナーーーリやばいくらい腰にきました。
クギ打つ時も前屈みのウンコ座りだし。
腰っていうか、背中なのかなあ・・・

今日の成果。

DSC_0391.jpg

DSC_0374.jpg

ピンクのペンキ、デジカメだと美しい色にみえるけど
実際はもっと沈んだ感じの色になって残念。
いいのか悪いのかよくわからない・・・。
明日見て、やっぱいまいちだ!とおもったらまた白ぬって
今度は薄いピンクを塗る事にします。